観光とビジネスで日本と関わりの深い国 フィリピン

フィリピンは東南アジアに位置する島国で共和制を敷く国家です。

フィリピンという国名の由来は16世紀のスペイン皇太子フェリペに因んでいます。

首都はマニラで、国家元首となる大統領は行政府の長であり国民による直接投票によって選出されます。任期は6年であり過去の反省によって再選は禁止されています。

過去にはアメリカ合衆国の植民地だったこともあって公用語にはフィリピン語と共に英語が使用されており、軍事的にも経済的にもアメリカとの関係が深いです。

フィリピンは上記のように公用語に英語が使用されていて、教育水準の高さの割に労働賃金の水準が低いということもあり、コールセンター業に関しては世界最大の委託先となっています。

またフィリピンは観光資源が豊富ということもあって観光面に力を入れており日本からの観光客が多く有名なセブ島や、世界で最も美しいビーチを有する島として知られるボラカイ島がリゾート地として知られています。特にセブ島に隣接するマクタン島は国際空港やホテル・ショッピングセンターが整備されて利便性が高く、海に出ると美しい砂浜やダイビングスポットが点在している風光明媚な島となっています。

フィリピンは日本からの距離が比較的近く、リゾート観光やビジネス目的で訪れる日本人が多い国となっています。