フィリピンでの交通手段タクシーとジープニーの注意点

フィリピンに行った際に、どのような交通手段があるのかは多くの人が不安に感じる部分と言えます。

今回は、フィリピンの交通手段としてどのような手段があるのかについて、いくつか取り上げてお伝えします。

まず日本人がほぼ確実に利用すると考えられるのが、タクシーです。

フィリピンではかなり英語が通じるので、空港や有名な場所へ向かうことをお願いする際には、運転手に伝えられないという可能性は低いです。

ただし、客が日本人だとわかったら、メーターを使わずに運賃をふっかけたり、わざと遠回りをしてメーターの数字を稼ぐ悪質なタクシードライバーもいます。

タクシーを利用する際には、必ずメーターを使うことを要求し、走行中も周りの景色を確認しておくことが重要です。

また、フィリピンでの交通手段といえば、ジープニーも有名です。

ジープニーは、フィリピン人にとって最も一般的な移動手段です。

ジープニーのルート内であれば、どこでも乗り降りができ、運賃も安い点は便利です。

しかし、行き先が車体に記されているものの、実際にジープニーが通るルートを把握しておくことは、相当現地に慣れていなければ困難であり、車内で強盗の被害にあう可能性も否定できないデメリットがあります。

また、タクシーとジープニーだけでなくレンタカー、バスなど、車での移動が中心となるフィリピンでの道路交通手段全てに関する注意と言えますが、運転が荒いという特徴があります。

実際に運転をしないのであれば、注意できることに限りはありますが、交通事故には細心の注意を払い、現地での移動を楽しむことが大事になります。